化粧師”秀”トピックス
トピックス
 9月10日発売Fuマガジン   アーティスト特集記事に掲載されました!
            

<記事内容>
商標登録された独自のコミュニケーションメイクを中心に幅広い分野で活躍しておられる化粧師秀さん。メイクアップアーティストではなく、化粧師にこだわる秀さんは、元々は会社の役員さんで、34歳の時に転職されたそうです。

これからは、高齢化が進んで行く中で、どうしたら和歌山をもっと活性できるのか考えられ、これからの時代女性を元気にさせる事が街を活性化させる事だろうと思われたそうです。

やっぱり年齢を増すと、メイクが面倒になる方や年だからと諦めたりする方が多くなるといわれます。そこで秀さんは前職の経験を活かし、「和歌山美人をつくろう」とコミュニケーションメイクを始められたそうです。

コミュニケーションメイクとは、あらゆる分野から印象分析するもので、メイクをする前に必ずカウセリングをし、メイクの内面と外面のアドバイスをなさるそうです。

現在はJMAN(ジャパンメイクアップアーティストネットワーク)の役員をなさったり、TPOに合わせて幅広く仕事をされており、メイクアップの感性を活かし、カメラマンとしても活躍されています。
プロにしてもらったメイクを写真に残し、その綺麗な自分をみて頑張るのはとても素晴らしい事だと思いました。

秀さんのお話を聞かせて頂いて、「化粧は消えてはかないものだから、綺麗なんだ」と言っておられ、毎日の肌の調子や、その人の気分が違うので同じメイクは二度と出来ないと言っておられた事が印象的でした。
これからは、人の感性のわかる人財を育てていき、化粧師秀の分身を全国に広げていきたいと笑顔で語ってくれました。




<プロフィール>
 印象分析を得意とするコミュニケーションメイク(商標登録)の創始者。日本を代表するメイクアップアーティスト集団(JMAN)の委員も務めながら、現在は関西を中心に活躍中。老人施設ボランティア活動の経験を活かし、認知症予防にもなる高齢者のためのメイク健康法などでも各方面より高い評価を得ている。化粧師秀メイクアーティストプロ養成講座では、JMAN検定に合格出来る事を基準に、化粧師秀のネットワークの輪を広げています。またカメラマンとしても活躍中。 Http://kewaishi.jp 
 <お問い合わせ/ご予約>
073-482-5656 海南本店       073-422-3970 和歌山店
Copyright Kewaishi HIDE Co., Ltd. All rights reserved