和歌山発、認知症予防、独自若返り化粧方法、化粧師秀の登録商標、コミュニケーションメイク、化粧教室、美容介護
コミュニケーションメイク
 <現状>
老人医療費も膨張する一方で、老人の病気に対する考え方を治療医療から予防医療にパラダイムシフトすべき時期で、寝たきり寿命が延びるより、健康的で元気な人生を送ってもらう為に、今、私達が出来る事を模索して行く事が、非常に大切と痛感しています。
 <痴呆症予防>
痴呆症等の老人病の多くは、気持ちの持ち方、日頃の生活習慣によって大きく改善される面が多々あります。痴呆症にかかる方の多くは、何事に対しても消極的で「面倒くさい」「今さら」「年だから」を連発するようです。
買い物や手作り料理、化粧をする等と言う動作が、脳細胞の刺激になり老化予防になるのです。警察庁では昨今、化粧教室が開催されています。
化粧をすれば瞳孔が開き、集中力が増し事故が少なくなると言うのです。男性がネクタイを締めると気持ちが引き締まるのと同様、女性にとって気持ちを引き締める魔法の小道具が化粧なのです。
和歌山発、認知症予防、独自若返り化粧方法
次へ
Copyright Kewaishi HIDE Co., Ltd. All rights reserved